「お受験」備忘録 我が家のお受験攻略法

我が家の小学校お受験騒動を振り返り、経験に基づくアドバイスを忘れないうちに纏めていく。
また、父親の目で見た母親の右往左往と噂の数々を斬る!
なお記載情報は横浜(神奈川)地区、小学校は横浜雙葉、湘南白百合学園、精華に特化している。
 
RECENT COMMENT
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
お教室選び 相性
ある大手塾に通いだしてすぐに、子供が行くのを嫌がるようになった。
高い月謝を払っているし、母親はプリプリしながら子供を連れて行った。
帰ってくるなり、「もう、この子ったら!」である。
なんでもお教室で泣いていて全然参加しなかった様である。
別に課題が出来ないわけではない。やりだすとちゃんと出来るのだ。

色々聞くと、理由が判った。
この大手お教室は授業中様子を見学できる。それで親はメモを取りながら
見学している。
そのクラスは女の子ばかりで緊張した雰囲気に加え、
目が釣り上がった怖い雰囲気のお母様がいらっしゃった。
自分の子供の一挙一動に「もう!」という感じである。
結局そのお母様に睨まれている様で怖かったという事が判った。
理由が判るまで苦労したが、判れば対策が取れる。
「ここにいるお母様方はみんなカボチャと思いなさい」と言ってやったら
それ以降、泣くことはなくなった。

ある時、幼稚園の行事でいつものクラスに行けなくなり、別の曜日に
振り替えを申し込んだ。
別のクラスは全く雰囲気が違った。
おちゃらける男の子がいて、場の雰囲気が柔らかいのだ。
それになぜだか対抗心を燃やして、やるぞぉ! という感じで頑張っていた。
それ以降、自信が付いたのか、みるみる伸びていった。

このように信頼できるお教室でも、クラスによって雰囲気が違う。
同じ教室でも違うクラスを見る余裕も欲しい。

とにかく子供が嫌がっては元も子もない。
嫌がった場合、違う曜日のクラスを試してみればどうだろうか。
スポンサーサイト
- | 22:48 | - | -
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.