「お受験」備忘録 我が家のお受験攻略法

我が家の小学校お受験騒動を振り返り、経験に基づくアドバイスを忘れないうちに纏めていく。
また、父親の目で見た母親の右往左往と噂の数々を斬る!
なお記載情報は横浜(神奈川)地区、小学校は横浜雙葉、湘南白百合学園、精華に特化している。
 
RECENT COMMENT
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
脳科学から家庭学習のコツを考察する
脳科学に関する学説は過去から色々ある。
学校によってはそれらをうまく取り入れて授業に活かしているらしい。
どんな学説があるかは別の機会に書くとして
今回は学校が取り入れているものや、私が信じてみようと思ったものから、
お受験や入学後の家庭学習に効果があると思われる学習方法や指導方法に関し
私の勝手な判断で纏めてみる。

概要
1.脳はエネルギーをたくさん消費する。脳が使うのはブドウ糖。
   →3食きっちり食べ、さらに食間に糖分を補給するのがよい。
2.勉強を始める前に脳のウォーミングアップをする。
   →音読やスラスラ解ける簡単な問題を10分程度やってから本題に入る。

説明
1.最近、朝食は大切だと様々なところで言われている。食育も大切なキーワードだ。
  脳の栄養学を調べてみてその裏づけが取れた。
  脳はかなりのエネルギーを使う。お腹が空いては勉強が出来ない。
  大人の場合で全体重の2%の重さしかない脳が体全体の20%のエネルギーを使う。
  子供の場合、全体重の脳が占める割合は10%となり相当エネルギーを使っている。
  エネルギーの源は酸素とブドウ糖である。
  仮にそれらの補給が無くなると3分で脳細胞は死ぬ。
  寝ている間も脳は活動しており、朝起きた時点で夕食時に摂取したエネルギー源は
  ほぼ使い果たしており、朝食を取るまでは脳に十分なエネルギーが補給されない。
  よって朝食を取らないと脳の働きが鈍り集中力も判断力も低下する。

  最近は朝食に関しては皆さん注意しているようであるが、同じことがおやつの時間、
  すなわち10時と3時にも起きる。
  子供に甘いものを与えることを嫌う方がいるが、
  脳から見ると砂糖が入った飲み物や飴などを少し与えたほうが良い。
  少し糖分を与えると、それが信号となって肝臓から脳にブドウ糖が供給される。
  よってたくさん与える必要は無い。
  早起きすると朝食も早くなる。お昼ごはん前にエネルギーが切れない工夫が必要だ。
  私立小学校に通っていると朝が早い。子供に聞くと10時ごろにお腹が空くという。
  きっと昼前の授業は集中力が散漫になっているだろう。
  ジュースをコップ1杯飲むとか飴を舐めるなどの対応が必要と思う。

2.脳のウォーミングアップ
  脳も体の一部である。運動と同じように脳を使えば脳は育つはずである。
  「読み書き計算」で左脳も右脳も活性化し、すなわち脳が使われる。
  一番脳が広範囲に使われるのが「音読」である。
  次に「計算」、やさしい問題をどんどん解くことで脳がかなり使われる。
  逆に難しい問題を解いているときは脳の一部しか使っていない。
  そして「書く」こと。書きながら覚えることも左右の脳が使われる。
  目耳口そして手を同時に使うことで脳の広範囲が使われるということらしい。
  ここに無いのは鼻であるが、香り(匂い)もきっと有効なものがあると思うが、
  研究対象に入っていなかった。
  
  さて、面白いのが脳のウォーミングアップで記憶力が上がるらしい。
  勉強を始める時に、始めの10分程度を上記方法を使って脳を活性化させ
  いわば脳のウォーミングアップをすればスムーズに今日の課題に取り組める
  という事のようだ。
  毎朝、始業前に10から15分程度の音読や計算を実施して効果をあげている
  小学校があるという。

  これを家庭でのペーパー学習に取り入れると、
  始めは得意な問題や簡単な問題を10枚程度させてから
  新しい問題に入るとスムーズに進むのではないだろうか。
  もちろん初めての問題は始めにちゃんとやさしく丁寧に教えてから
  ペーパーを与えないといけないだろう。
  我が家の場合を思い出すと、ペーパーをやらせようとすると
  嫌な顔をするのだが、「簡単なペーパーだよ」って見せるとそれならと始める。
  そのうちペースが出てきて次々とペーパーをこなしていた。

まとめ
  ・3食きっちり食べる。特に朝食は大切。おやつも集中力維持に有効。
  ・「音読」や「簡単な計算」で脳のウォーミングアップをしてから課題に取り組む

  幼稚園や学校から帰ってきたら、「宿題やりなさい」「ペーパー」と言う前に、
  まずおやつをあげて、今日の出来事でも聞いて会話をする。
  手を動かしておやつを食べながら会話をすることで脳に血が巡りだし、
  脳が活性化しヤル気が出てくる。
  「音読」や「簡単な計算」で脳のウォーミングアップをしてから
  「宿題!」「ペーパー!」と攻めるべきだろう。

  我々もボケ防止に読み聞かせが有効だ、、、
  成功を祈る!!
スポンサーサイト
- | 19:31 | - | -
コメント
from: もうすぐ40歳   2006/06/02 5:22 PM
こんにちは!

はじめて立ち寄りました。

食育は今本当に重要なキーワードですね。

うちは毎日、朝ごはんは米のごはんと具だくさんの
味噌汁です。

これまで普通だと思っていたことが、そうでなくなりつつありますね。

非常に勉強になりました。

これからもよろしくお願い致します。
from: お父様   2006/06/04 6:25 AM
もうすぐ40歳さま。
コメントありがとうございます。

すべての基本は「健康」でありそれを支えるのが食事だと思っています。
当たり前だと思うのですが、世の中そうじゃないみたいです。
お受験だって突き詰めて考えれば「心と体が健康に育ってるか」ということを
あの手この手で試験されていると思っていますが、
世のお母様方の関心は食事よりお教室だったりします。
ペーパーでは旬のものは何かという問題が出ますが、
本当に旬のものを食べているかというと生産側流通側の思惑もあり難しい時代です。

ちなみに我が家の朝食は納豆ご飯です。
記事には書かなかったですが、たんぱく質も大切だそうで、
脳にとってたんぱく質を15%から20%取るのが良いそうです。
日本の食事のたんぱく質の割合は15%だそうで、脳にとって理想的と言えそうです。

おっと、子供がお腹空いたと起きてきました。
という事でこれから朝食を作ります。
と言っても、私が作るものは栄養バランスが偏っていますが、、。


コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.