「お受験」備忘録 我が家のお受験攻略法

我が家の小学校お受験騒動を振り返り、経験に基づくアドバイスを忘れないうちに纏めていく。
また、父親の目で見た母親の右往左往と噂の数々を斬る!
なお記載情報は横浜(神奈川)地区、小学校は横浜雙葉、湘南白百合学園、精華に特化している。
 
RECENT COMMENT
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
幼稚園時代に学習習慣をつけておく
最近、家内は幼稚園時代のお母様仲間からお勉強に関する相談をよく受けると言っている。
私立に行っているのでお勉強の様子とかお受験の経験を聞きたいのだろう。
公立小学校に通いだしたお友達のお母様も、子供のお勉強が心配になったようだ。
元々お受験をしないご家庭の幼稚園時代の考えは「幼稚園児は遊ぶのが仕事」で、
幼稚園から帰ってきてからも夜遅くまでずっと遊んでいるものだった。
しかし小学校が始まった時に、子供は幼稚園の延長で遊ぶところと思って小学校に行くと
いきなり一人机に座らされて、宿題まで出て、家に帰ったら遊べると思ったら、
「宿題やりなさい」と言われて、、でもそう簡単にやるわけ無いと思う。
公立小学校もしっかりしたもので、入学して1ヶ月足らずで既に担任との
個人面談(家庭訪問)があり生活面や授業中の態度等を注意されたりしたようだ。
このままほって置くと、
宿題やらない、勉強やらない→授業わからない→勉強嫌い、となるようである。
そうなる前になんとかしなくては!! と急に慌てているのが実体だろう。

これはお受験でも同じだと思う。
新年長でいきなり「お受験よ」「ペーパーやるのよ」と急に言ったって
拒否反応を示すだけだろう。
何事にも順序がある。
遊びの延長でできるペーパー、簡単な問題のペーパーから入って、
さらに褒めてあげて、出来るんだという暗示をかけてやらないといけない。

我が家の場合、幼稚園に入る前から少しづつ机(食卓)に座って絵を描いたり、
いわいるペーパーをやっていたので、お教室に行ってもすんなりついていけたし
新年長から毎日膨大な量のペーパーをこなすことが出来た。

重要なのは机に向かう習慣をつけることである。
これさえついていればお受験の合否にかかわらず将来役立つはずである。
「幼稚園児に勉強はかわいそうだ、のびのびと」と言って必要な習慣をつけないと
将来もっとかわいそうなことになるだけである。

ちなみに学習机は皆さん食卓のようである。
幼稚園児も小学生低学年の子供も自分から進んで勉強するはずがないと思う。
だから親主導で学習するために、食卓などのお母様の仕事場の近くとなるはずだ。
個室や専用机を早くから与えるのは逆効果である。

やってみせ、いって聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ。」
山本五十六元帥の有名な言葉。

まず手本を見せて教えてあげて、ポイントを教えたりヒントを出しあげて、
そして実際にやらせてみて、初めからは出来ないものだが、繰り返しやると
そのうち出来るようになって来て、「出来たね」と褒めてあげて、
本人も出来たと判っているので、自信がついてやる気が出てくる。
子供もだって立派な感情を持っている。
大人も子供も人を動かすコツは同じはずだ。
スポンサーサイト
- | 22:05 | - | -
コメント
from: こが   2006/07/12 11:31 AM
はじめまして。

私もこの格言が好きです。どうにかして、自分の事業でも、これが機能するようにしたいって思ってます。

コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.