「お受験」備忘録 我が家のお受験攻略法

我が家の小学校お受験騒動を振り返り、経験に基づくアドバイスを忘れないうちに纏めていく。
また、父親の目で見た母親の右往左往と噂の数々を斬る!
なお記載情報は横浜(神奈川)地区、小学校は横浜雙葉、湘南白百合学園、精華に特化している。
 
RECENT COMMENT
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
雑記:通学が始まった1
入学式も終わり、通学が始まった。
私も早寝早起きしないといけないので、早めに仕事を切り上げて帰ったが、
(と言っても夜8時過)子供はすでに撃沈してグーグー寝であった。
この調子で春休みに狂っていた早寝早起きのリズムが戻るといいな。
私も出退勤時間を1時間早めることにした。
お受験のとき通学時間目安1時間以内と言っていたが、
本当に1時間も掛けたら親も撃沈しそうだ。

さて、通学に先駆けて春休み中に何回か通う練習を一緒にしてみた。
その時の目的は、
・公衆電話の位置の確認と電話のかけ方の練習
・自動改札の通り方、電車の乗り方、乗り換えの仕方の練習
・ホームでのマナーと万一線路に落ちたときの対応
その時感じたことを書いてみる。

公衆電話は改札のすぐ外に結構あった。
ただし、ランプが消えていてカードが使えない電話機もあった。
赤ランプも劣化していて点いているのかいないのか判り難いものが多かった。
テレホンカード以外にも10円玉を何枚か持たせる必要を感じた。
電話番号は市外局番から教えている。市内なら必要ないのだが、
電車を乗り過ごした場合に、市外の駅からでも掛けれるようにとの配慮である。
問題は電話番号を押している姿が後ろから丸見えなので、防犯上よくない。

定期券を忘れた落としたなど、券売機での対応が必要にある。
残念ながらまだ券売機で切符を買うことが出来ない。
急に教えようと思っても色々覚えることが多すぎて無理のようだ。
だいたい幼稚園の間は無料だったし、小学生から子供料金が発生するので
一緒に切符を買うことを今までやっていなかった。(反省)
今の券売機は高機能でタッチパネルのため操作を教えるのは一筋縄ではない。
また駅によってタッチパネルの表示が違ったりする。
昔みたいに押しボタンなら、教えやすいのに。
とりあえずSUICAカードなどを持たせて大人料金承知で乗るのが無難だろう。
子供用のSUICA等プリペイドカードはまだ出ないのだろうか?
もっと言えば関西みたいに早くJRと私鉄共通になればいいのに。
2006年度からJRも私鉄もバスも「スイカ」と報道されていたが、、
「PASUMO」来年からかな。

電車の行き先表示をいかに教えるか。
まだ漢字が読めないため、字数で教えるしかないのだろうか?
ホームを間違えなければだいたい同じ方面に行くので良いのだが、
乗り過ごすとたぶん対応できないだろう。
方面のキーワードとなる漢字は早めに教えるとしよう。
スポンサーサイト
- | 22:40 | - | -
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.