「お受験」備忘録 我が家のお受験攻略法

我が家の小学校お受験騒動を振り返り、経験に基づくアドバイスを忘れないうちに纏めていく。
また、父親の目で見た母親の右往左往と噂の数々を斬る!
なお記載情報は横浜(神奈川)地区、小学校は横浜雙葉、湘南白百合学園、精華に特化している。
 
RECENT COMMENT
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
雑記:キッズケータイ
早いもので今日から3月。
あっという間にお受験考査から4ヶ月が経ってしまった。
小学校入学準備もちゃくちゃくと進んでいるが、
まだ決めかねているものが一つある。

それは、携帯電話/PHSである。
緊急連絡用に持たせたいと考えている。また、位置情報サービスも興味がある。
緊急用の意味は防犯ではない。
はっきり言って携帯電話は防犯の役に立たないであろう。
過去の事件を見ても、携帯(PHS)を持った子供が被害に遭っている。

携帯電話の普及で、公衆電話が減っている現実の中で、
電車が止まった時などを考えると、連絡が取れる手段を持たせたいと思う。

そんな親の為に、各社親の心理を付いたサービスを用意している。
私はドコモが3月4日に発売するキッズケータイSA800iに興味がある。

まだ現物を見ていないのでカタログ情報だけで判断しているが、
さすがに子供用をうたい文句にしているだけに購入意欲をそそられる。
気に入った点は、
1.GPSを積んで位置情報が得られる(イマドコサーチ)
2.キッズモードで機能制限できる
3.ファミリーワイドで基本料金が安い

気に入らない点は、
1.電源OFF探索機能
2.「防犯ブザー」とそれに連動した音声発信機能
3.テレビ電話が付いている

気に入らない1と2は、キッズケータイの売り文句であるのだが、
これは余計なお世話機能だと思う。
これらの機能はウリ文句になっているため無効に出来るのか今の所分からない。

防犯ブザーはあっても良いのだが、いたずらで鳴らすという事態も想定する必要がある。
このケータイはいたずらで鳴らしたが最後、親に通報続けるというのは、
安心ではなく、イソップの世界が懸念されるか不安が増えるかどちらかである。
ブザーが鳴っても親に通報する機能を無効に出来るか知りたい。

一番困った機能が電源OFFすると同時に位置情報を送信し、
さらに電源OFF後も自動的に電源が入ってメッセージを送り続けるという機能である。
電源OFF=犯罪者の手に携帯が渡ったと決め付けている。
一見、誘拐などの非常時に役立ちそうであるが、これじゃ学校に持たせて行けない。
基本的に授業中は電源OFFにするなど、場所に応じて電源OFFにするように躾けるものだ。
この機能も無効に出来るか知りたい。

子供の安全や安心をターゲットにしたという点で評価できるのであるが、
残念ながら子供にも携帯を使わせよう使わせようと商売を優先している点は、
ドコモの社徳を疑う。

お父様が考える小学生以下の子供に持たせたい携帯電話が持つ機能とは、
1.電話帳を元に発着信先を制限できること
2.Eメールは必要だが、発着信先を制限できること
3.位置情報サービスがあること
4.ゲームなどが付いていないこと
5.iモードなどサイト閲覧は出来ないか制限出来ること
6.TV電話はいらないが、付けるなら着発信先限定できること
7.学校に通う時は機能を制限し、日曜日など休みの時は制限を緩めるような機能が欲しい。
8.iモードも含め操作履歴をチェックできること
親との連絡を主目的にしながら携帯を使う際のルールを躾けていけるような機種が欲しい。

あんしんだフォンも候補なのだが、初めからあまりに機能が制限されている。
位置情報サービスを使うには通話先が2箇所になってしまうのと、
AUの携帯電話が必要など、親の持つ携帯まで制限されてしまう。

携帯キャリアの都合ではなく、親が必要に応じて機能を制限出来ることが一番である。

色々書いたがこれは期待しているからで、今のところキッズケータイが本命である。
キッズケータイが店頭に並んだら上記の不安点を確認してみるつもりである。
スポンサーサイト
- | 23:44 | - | -
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.