「お受験」備忘録 我が家のお受験攻略法

我が家の小学校お受験騒動を振り返り、経験に基づくアドバイスを忘れないうちに纏めていく。
また、父親の目で見た母親の右往左往と噂の数々を斬る!
なお記載情報は横浜(神奈川)地区、小学校は横浜雙葉、湘南白百合学園、精華に特化している。
 
RECENT COMMENT
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
お教室選び 個人お教室
お教室選びに際して、e-ojyuken.comの「幼児教室の選び方」基本的な考え方
ご家庭の立場で書かれており参考になる一読あれ。

我が家も先輩のアドバイスを参考にお教室選びを開始した。
お教室の新学級は11月から始まる。4月からと悠長に構えていてはいけない。
まず、情報を入手する。
しかしインターネットは役に立たない。
顔の見えない相手に、貴重な情報の垂れ流しなどしない。
口コミに頼る。
ここは普段の子供の躾と、近所付き合いがモノをいう。
皆さん、よそ様をよく見ています。 ご近所の目はコワイ。
我が家は、お受験とは関係無しに、普段から躾には気を使っていた。
おかげで、ご近所では勝手にお受験するのかしらと噂されていた様だ。

そんな訳でご近所の方から、貴重な情報が飛び込んできた。
ここはやはり希望校の在校生のお母様から話を聞くのが一番である。
入学後、どこのお教室出身かなどの情報が飛び交うそうだ。

個人のお教室の電話番号を入手したので、さっそく連絡した。
結局、大手と個人のお教室を掛け持ちした。
通いだして判ったが、掛け持ち組みも結構いた。
もちろん片方だけの方もいる。
最終的に合格者を見ると、掛け持ちの有無で差は無かった。
お教室はあくまで補助であり、家庭での躾や学習が主であるからだろう。
ただし、横浜から東京(四谷、九段)へ受験しに行った方々は皆さん掛け持ちしていた。
スポンサーサイト
- | 23:51 | - | -
コメント
from: lulu   2007/02/07 6:15 PM
はじめまして。昨年秋ごろより度々拝見させていただいております。まだ、先ではございますが、小学校受験をさせたいと考えております男女2児の母です。さて、早速お伺いしたいのですが、よくお父様のブログや他の掲示板等で話にあがる東戸塚のS先生は、男の子は教えていらっしゃるのでしょうか?もし、教えていらっしゃるのでしたら、志望校はどのあたりか、もしご存知でしたら、お教えください。また、そちらに通われている方々は、新年長のみの通塾とされていますが、通塾前はどの程度の準備(いつごろの時期から・・・、問題集を解かせるなど・・・)をされているのでしょうか?ただいま、大手をはじめ、お教室をリサーチ中です。お忙しいところ恐縮ですが、可能な範囲でお教えくださいませ。
from: お父様   2007/02/18 12:57 AM
lulu様
初めまして。書き込みありがとうございます。
どのような返事を書こうかと迷っているうちに時間が経ってしまいました。
申し訳ありません。

さて、S先生のお教室には男の子も通っております。
志望校や実績といった情報は「うわさ」の受け売りになりますので
ここでの書き込みは控えさせて頂きます。
正確な情報は、直接S先生のお教室でお話を聞くのがよろしいかと存じます。
まだまだ先と思わずにお訪ねすることをお勧め致します。

老婆心ながら、インターネットの情報は「単なるうわさ話」が多いため
実際にこれと思ったお教室をご自分の目でお確かめになることをお勧め致します。

通塾前の準備に関しては、
http://ojyuken.jugem.jp/?eid=12
「お教室に通う前にしておく事」にも書いております通り、
ペーパー学習は問題集を解く事が目的ではなく、
鉛筆を正しく使い字を書く事を主眼に、絵や日記を書くことが大切だと思います。
また、お教室に通いだした時に、ちゃんと集中して授業を受けることが出来るように
普段の生活態度を見直すことも重要です。
特に男の子は、授業中じっとしていることに関して皆さん苦労なさっていたように思います。
from: lulu   2007/02/20 8:48 PM
アドバイスどうもありがとうございました。今、新年中ですので、そんなに先ではないですね(汗)。早く決めなくてはと思いながらも、ここぞというお教室にめぐり合えないのが現実です。反対に『結局は家庭での学習が大切である』という友人の助言をうけ、焦ってお教室を決めてはいけないのではないかとも思っております。子供によってお教室に通い始める時期はさまざまですよね。体験授業をさせていただいたお教室のなかには、何度も勧誘の電話をくださり、志望校も限定、さらにはその学校に行かなくては未来はないとも言われました。直感的には、そんな室長先生のおられるところにわが子を預けたくはないと思いますが、万が一お世話になるかもと思い、丁寧に余韻を残して断りました。なんだか取り留めのない文章になってしまい、申し訳ありません。
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.