「お受験」備忘録 我が家のお受験攻略法

我が家の小学校お受験騒動を振り返り、経験に基づくアドバイスを忘れないうちに纏めていく。
また、父親の目で見た母親の右往左往と噂の数々を斬る!
なお記載情報は横浜(神奈川)地区、小学校は横浜雙葉、湘南白百合学園、精華に特化している。
 
RECENT COMMENT
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
学校説明会
本命校だけでなく、なるべく多くの学校説明会に行くこと。
本命校は、1年前(年中時)から参加する位の勢いが欲しい。
当事者じゃない時は冷静に聞けるし、当事者の時もメモする余裕が出来る。

学校のブランド名だけで志望校を選んでいる方は、特に注意!
ご家庭の教育方針はありますか?
子どもの特徴はいくつ言えますか?
子どもの将来像をちゃんと持っていますか?

願書提出直前や面接直前に志望理由を考えだしてから、上記を考えているようではダメである。
学校説明会が始まる前に、少なくともご家庭の教育方針を決め、
本命校にご縁が頂けない場合のことも考えて、他の候補を探しておくべきである。
実際に足を運ぶことが大切だ。その時感じたことが、入学後も続く訳だ。
このときばかりは、お受験産業やマスコミ主導の偏差値や風評を忘れ、自分の印象を大事にしたい。
子供には五感の教育とか言いながら、親がペーパー情報だけで判断してはいけない。
百聞は一見にしかず。気になる学校以外にも足を運ぶこと。

願書提出直前になって併願校を考え出した時に、
学校説明会に行っていないと志望理由を考える時に慌てることになる。
横浜(神奈川)は本命校から試験が始まる。
最悪の事態を想定した事前準備をお勧めする。

学校説明会の日程は各学校のホームページでも案内される。
説明会を2回開いている学校もある。
また、ホームページには小学校の紹介もされている、よくチェックしておくこと。

ただし横雙は見学会であり、説明会と思って行くと拍子抜けする。
案内役の先生方に自由に質問できるので、何か聞きたい方は準備しておいた方が良い。

学校説明会以外にも、展覧会や運動会など学校に訪問できる機会はある。
そういった機会に子供と一緒に訪問しておくと良い。
ただし、それらの日程は在校生向けであり公開していないことが多い。
お教室の情報などを活用すること。

学校を見学する際のポイントは、以下のサイトを参照。
AllAboutの小学校の説明会に参加する時に見るポイントは?
WebVisionの学校説明会で何を聞く? 何を見る?
スポンサーサイト
- | 17:16 | - | -
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.