「お受験」備忘録 我が家のお受験攻略法

我が家の小学校お受験騒動を振り返り、経験に基づくアドバイスを忘れないうちに纏めていく。
また、父親の目で見た母親の右往左往と噂の数々を斬る!
なお記載情報は横浜(神奈川)地区、小学校は横浜雙葉、湘南白百合学園、精華に特化している。
 
RECENT COMMENT
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
縁故(コネ)はあるのか
よく話題に出るが、コネなどあるはずが無いと信じればよい。
また、出身者、関係者なども同様である。
コネを使って何を期待するのか、考えると答えは見えてくる。

コネがある場合の期待:不合格を合格としてもらう。

不合格者とは、その学校の欲しい資質を有していないもの。
もし、コネで入学枠が決まってしまうと、
資質を有しない生徒ばかり集まる。
学校のレベルが下がる。
レベルの低い学校に、コネ使ってまで子供を入学させなくなる。
学校経営が成り立たなくなる。

つまりコネで枠が埋まるような学校は存在していない(出来ない)。

もちろん、経営判断でレベルが下がらない程度に入れることは可能であるが、
その枠は、無視しても良い。
ブランド校の場合、少数のコネ枠で経営資金を稼ぎ、優秀な生徒が実績を作る
ビジネスモデルは成り立つであろう。
しかし親の願いは、子供は優秀な方になって欲しいはず。

コネの噂の出所は、むしろ以下のように考えられる。
東京には上流家庭などの裕福な方々が集まっている。
そういった方々の一部が、閉鎖社会を作っている可能性は高い。
どこの世界にも既得権を守ろうとする動きはあるものだ。
子供に自分たちの既得権を継いでもらいたいと考えているに違いない。
しかし、最近は地方から優秀な方々がどんどん東京に集まってきている。
たとえばIT関連の方々のお名前をニュースでもよく耳にする。
そういった方々のお子さんがお受験しているかわからないが、
おそらく従来の上流家庭の方々は戦々恐々としているであろう。
だから、危機感を持ち、ご子息の教育に熱心になっているはずだ。
もちろんお金に物を言わせているに違いない。
しかし、それは不合格を合格にしようとするような姑息な手段ではない。
ご子息の教育にお金をかけて、躾からしっかりと行っているはずだ。
教育環境にお金をかけるなどあたりまえであろう。
だから、堂々と合格する。
そう考えると、上流家庭などのお金持ちの方々の合格率が高くなると思える。
その方々がどの程度いるのかはっきりわからないが、類は友を呼ぶもの。
そういった方々のご子息が通っている学校は首都圏の一部に集中するはずである。
東京の名門校を受験する場合は入学後の付き合いも考えた学校選びは必要だろう。

実際に、お教室にいらした身なりや雰囲気の良い方は、教育熱心であり、
お子さんも良く出来ていた。
お金持ちで教育熱心なご家庭が合格すると「コネ」説がでるのは有名税なのか。

未だに掲示板などにもコネ話題が書き込まれることから、何か別の意図を感じることもある。
お教室の先生が、ご縁が無かった方に対して、このような言い訳をしているのではないか。
そのような事を言うお教室はプロではない。お教室選びを間違ったと反省せよ。

お受験とは、
「ルールを知らない子、できない子をふるい落とす作業」
意外と残酷だ。そこにコネが入る余地は無い。

各々の教育方針を基に、信念を持って前に進むのみ。
スポンサーサイト
- | 15:55 | - | -
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.