「お受験」備忘録 我が家のお受験攻略法

我が家の小学校お受験騒動を振り返り、経験に基づくアドバイスを忘れないうちに纏めていく。
また、父親の目で見た母親の右往左往と噂の数々を斬る!
なお記載情報は横浜(神奈川)地区、小学校は横浜雙葉、湘南白百合学園、精華に特化している。
 
RECENT COMMENT
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
前書き−ブログ開始−
「お受験」は人事と思っていたら、我が家にもやってきた。
娘と母親にとっては怒涛のような1年が過ぎたが、私は割と冷ややかに見ていた。

我が家の地域は横浜近郊である。
こともあろうに横浜雙葉小学校、湘南白百合学園小学校などの難関校を目指した。

おかげさまで希望校から「ご縁」を戴くことが出来た。
「お受験」という言葉自体は一般的になっているが、いざ、当事者になると、
役にたつ情報が少なく、逆に受験産業にカモネギにされるばかりである。
この一年を振り返り、これから「お受験」される方々の
お役に立てたらと思い、ブログを始めることにした。

当ブログの基本方針:
このブログはお受験初経験者の父親が書いている。
基本的に自分の体験の備忘録。
後輩等からお受験に関する助言を求められたときの為に書き溜めておく。
自分の意見や思ったことを書く予定である。
一般情報や育児論は他のサイトに任せ、横浜(神奈川)の情報に特化する。
有用なコメントやリクエスト等は歓迎する。記事に反映したい。
学校名やお教室名の記載もすると思うが、あくまで一例としてとらえて欲しい。

数年後に下の子も控えている。今から戦略を練っているところである。
そのころにはもっと情報や選択肢が増えていて欲しい。
願わくば、皆さまの育児意識が高まり、子供の躾とともに、親も成長し
学校を含む受験産業が健全に成長し、社会のモラルが向上することを願っている。

なお、ブログ初心者である。
標準画面構成で始めるが、練習で画面を頻繁に変えることもある。
驚かないで頂きたい。

文体はこの調子にする。
「初めてのお受験 お父様は見た!」なんて軽いノリにしようと思っていたが
おちゃらけはやめた。
ほら、読んでるあなた、
お教室で子供がおちゃらけていると目が釣りあがってくるでしょう?
ヒートアップする母親を抑えるのが父親の役目である。

経験者の視点で、みなさまのためになるコラムをお届けする。
スポンサーサイト
- | 23:01 | - | -
コメント
from: 川上智弘   2005/12/28 10:46 AM
こんにちは。
中学受験は準備が早いほど良いと一般的には言いますが
量より質じゃないかと自分は思います。
頑張る氣力さえあれば学習塾は何処でも良いのかも分かりませんが。
 
しかし2人以上お子さんがいらっしゃる方は大変でしょうね。1人でも大変ですから。
from: お父様   2006/01/03 7:31 AM
こんにちは。
コメントありがとうございます。
年齢が低いほど実体験が大事だと思っています。
体験は多ければ多いほど良いと思うのですが、
ついつい、親のほうが安易な方向に走り、手を抜きがちで、
いくら便利な世の中になっても、育児だけは容易ではないと実感しています。
また、1+1=2人ではない所が育児のつらいところ。
子供の数+1人の大人がいて欲しいですね。
核家族化も手抜きの一因と思います。
from: 母の会会長   2006/05/08 5:34 PM
母の会会長です
私の子供が受験のときは、初めてで情報が少なく
大変こまりました。
現在は学校関係の仕事に就いたため、いろいろと
情報が入ってきます。
ぜひ提供したいので書きメールアドレスまで
連絡ください。
ボランティアで行っているため、費用等はかかりません。安心して連絡ください。

hahanokai1@yahoo.co.jp
from: なち   2006/09/14 2:33 AM
たまたま見つけたんですけど、気味の悪さと現実認識力のなさにあきれかえっております。一般庶民がやっとの思いで『名門」小学校に入っても、その後どういう生活が待っているか? 中学高校までのことを想像なさったことありますか? お宅のお嬢様が最終的にどこに行ってらっしゃるか知りませんけど、私は湘南白百合出身です。親は普通のサラリーマン。母が見栄っ張りで猛勉強させられて入りました。『お勉強」ができたので、それなりに先生にはかわいがってもらいましたが、中学の校舎を改築するにあたって、寄付金集めが行なわれたときに、状況は一変。我が家が学年で最低金額だったらしく、「あなたは金銭的にこの学校に貢献できないのだから、せめていい大学に行って、進学率を上げてくださいね。」とマスール方にイヤミを言われ、某ヤクルト社長令嬢、某レナウン社長令嬢たち(彼女たちは親が1億円も寄付金を払ったために先生はもちろん、学校を牛耳っていました)には「おうちが貧乏な方」と冷笑され、非常につらい毎日でした。せいぜい、お嬢さんがツライ思いをされないように、恥をかかないように、お父様がんばってあげてください。
from: たまごとなっとう   2006/10/17 4:13 PM
私も湘南白百合出身です。同じような思いされた方いらっしゃるのですね。今となっては笑い話になっていますが・・・。
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.