「お受験」備忘録 我が家のお受験攻略法

我が家の小学校お受験騒動を振り返り、経験に基づくアドバイスを忘れないうちに纏めていく。
また、父親の目で見た母親の右往左往と噂の数々を斬る!
なお記載情報は横浜(神奈川)地区、小学校は横浜雙葉、湘南白百合学園、精華に特化している。
 
RECENT COMMENT
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
父親と母親の気持ちのズレ
自分でブログを書き出してから人のブログやHPが気になり読み出した。
あるお母様のお受験日記で、小学校お受験に対する夫との気持ちのズレが書いてあった。
実は我が家も同じであった。
他のご家庭でも、母親が熱心で父親が冷たいというご家庭があるのではないかと思い、
その時の私(父親)の考えを下記する。父親説得の手がかりにして頂きたい。

私の場合、子供が年中になったときから、家内からお受験を聞いていたが、
初めはしなくて良い、という意見だった。
理由は、首都圏の事情を理解していなかった点が大きい。

背景として、私は地方都市出身で首都圏の事情になじみがない。
自分がずっと公立で、大学は国立、
むしろ「しりつ」と聞くと「私立」ではなく「市立」を思い浮かべる。
地方の場合、学校数が少なく、しかもこの地域の成績の良い子はドコドコ校に行くという具合に
学校の序列がはっきりしている。
地方だからってレベルが低いわけではない、実際に地方から有名大へたくさん入学している。
だから、お受験、いや私立小学校というものが理解できなかった。

家内は、ご近所、幼稚園、育児教室などの母親仲間からお受験情報というか
探りが入り、そんな会話からお受験の知識を得ていく。
さらに、お受験指南本などを読み、ますます意識するようになる。

私は普段、仕事中心である。極端な話、寝ても覚めてもずっと仕事のことを考えており
そういった教育事情は入ってこない。温度差が出来るのは当然といえる。
会社から帰ってきて、いきなりそういった話をされても正直言って即答出来ない。
習い事を増やすのと訳が違う。

そんな私の所にも、自分の親や兄弟からお受験準備は?とプレッシャーが入りだした。
自分が子供のときに母親から「勉強しろ」といつも言われていたが、
この年になって、今度は孫のことで、また言われるとは思ってもいなかった。
子供は何時までたっても子供である。

そんなプレッシャーがあって色々調べて判った事は、首都圏教育事情である。
例えば、全私学新聞によると、私立小学校は全国で187校あり、
その内、東京都52校、神奈川27校、千葉8校、埼玉4校と半数は首都圏にある。
各校が建学の精神に基づき魅力ある教育を行っていること知った。
数多くの学校があり、親にとって選択肢が与えられていることが判った。
お金を出せば、自分たちの方針に合ったより良い教育環境がある。
しかし私学進学者は全体の1%程度だ。そのため怪しい噂が多い。

まず、夫婦で自身の育ちの環境起因の、子育て方針の違いを正すべきである。
次に、お受験につながる話をする。その時に公立の悪口を言うべきではない。
片方のレベルを落とすと、比較対象は普通と考える。
普通に対して普通じゃないコストをかけるのはおかしいと考えてしまう。

普段から夫婦の会話をしているか、夫婦で子育てをしているか、
まさにここからお受験の試練が始まる。

この子育ての悩みQ&A>父親の問題のQ1、いい所突いていると思う。
スポンサーサイト
- | 23:38 | - | -
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.