「お受験」備忘録 我が家のお受験攻略法

我が家の小学校お受験騒動を振り返り、経験に基づくアドバイスを忘れないうちに纏めていく。
また、父親の目で見た母親の右往左往と噂の数々を斬る!
なお記載情報は横浜(神奈川)地区、小学校は横浜雙葉、湘南白百合学園、精華に特化している。
 
RECENT COMMENT
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
グリーン車通学
子供が私立小学校に行きだしてから周りの小学生が気になるようになった。
通勤時など、昔はランドセルが邪魔だなと思ったりしたもんだが、
最近はこの子はどこに通っているのかなと制服や鞄を見たりする。

昔、志望校選択の時に、上り方面は通勤ラッシュがあるから
そっちには行かせたくないなと考えていたのだが、
そうは言っても、行かせたい学校が上り方面だったり、第2志望まで考えると
神奈川横浜方面から東京方面へ通うことも検討しなければ行けない。
逆に、第1志望ではなかったが、ダメ元で受けた東京方面の名門校難関校に受かった場合
親としては結構悩むだろうと思う。

JR東海道線沿線、横須賀線沿線であれば、グリーン車を使うという手もある。
横浜方面から東京の小学校に通わせると、どうしても通勤ラッシュが心配である。
だからグリーン車に乗ってというのは、お金で解決できる安全策だと思う。
よく子供は電車内で座らせても良いか、立たせておくべきかという議論があるが、
グリーン車利用に関しては皆さんはどう思うだろうか?
昔話であるが、鎌倉のご子息がお手伝いさんに連れられて一等車で東京に通っていたという伝説もあるが、
今や少子化、6ポケット化で私立に通うことが一般化した中で、グリーン車で通学する
子供たちを世間はどう比喩するのだろうか。
ただ、子供をグリーン車に乗せて、親父は一般車両だと悲しいものがある。

グリーン車のメリットとして、ちょっとしたテーブルもあるので
読書や暗記など積極的に勉強時間にすることが出来る。
今や子供に安全上携帯電話を持たせることが一般化してきた。
そのうちグリーン車通学も一般化するのだろうか?
とは言え、グリーン車も最近混んでいて、ラッシュ時には座れないこともあるが、、。

安全面で考えると積極的にグリーン車に乗せるメリットはないと思う。
通学時で危ないのはホームの階段、列車とホームの隙間などだと思う。
朝のラッシュ時に走って飛び乗ろうとする人に押されたり突き飛ばされたり、
マナーの悪い大人から子供を守るにはどうするのか、とい点に関しては
グリーン車はあまり役に立たないだろう。

グリーン料金には子供料金設定が無いので、最低でも片道750円余分にお金が必要である。
帰りはラッシュが無いから普通車両利用としても、15,000円/月片道必要だ。
これも私立の授業料の一部と思えば、そう思えないことも無い。
ちなみに、帰りも乗っていた小学生を見たこともある。
(もちろん2時3時なのでガラガラ)

現実として、朝ラッシュ時に通学時と思われる小学生がグリーン車に並んでいる風景を
よく目にする。しかも、私が見かけた子供は全て男の子である。
昔はグリーン車で小学生を見かけた時は、何者だろう?と不思議に思っていたが、
今は、ご苦労様、と思ってしまう。

しかし何で皆男の子なのだろうか? 私が見ないだけなのか? それとも
カトリック校をはじめとする女子校は、もしかしたら通学時のグリーン車利用を
禁止しているとかあるのだろうか?

私的には、子供のうちからグリーン車の味を覚えてほしくないな。
スポンサーサイト
- | 00:01 | - | -
コメント
from: 石原和人   2007/12/03 7:31 PM
通学については。
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.